あいきログ

大学生の話

初対面のアイドルとの会話で好印象を得るコツ

f:id:gznsng:20180809011130p:plain

アイドルといえば接触イベント。

 

念のため言っておくと、ここでいう接触とはベタベタ触るような接触ではないですよ

 

握手やチェキ、サイン会など直接会話出来るイベントのことを「接触」と呼んでいます。

 

アイドルにこちらから触れるのは基本どこも禁止のはずなので気をつけましょう。笑

 

 

そんな接触ですが、

10~15秒の短い接触から1分~1分30秒の長めの接触までグループによって時間は様々です。

 

今回は「初対面のアイドルとの接触(会話)で好印象を得るコツ」を、僕の経験も踏まえて考えてみます。 

 

 

 

 

 

 

第一印象が大事(メラビアンの法則)

第一印象を変えるのは難しいらしいです。

 

メラビアンの法則というものがあって、

コミュニケーションでは視覚情報が55%聴覚情報が38%で相手の印象を決めます。

言語情報はわずか7%しか影響しません。

 

つまり、話の内容はあまり相手への印象には影響しないのです。

 

 

実際にはこの「メラビアンの法則」の研究では実験に条件があり、全ての状況でこの法則が適用されるわけではありません。

 

が、気持ちを伝えたいときや好印象を残したい時にはこの法則が当てはまります。

 

第一印象をガッチリ良くすることを目指しましょう。

 

 

見た目の印象を良くする

身だしなみを整える

第一印象の半分は見た目の印象です。

服装を清潔にし、髪、髭も整えるようにしましょう。

 

服装を整えると他にも良い効果があります。

服装のポイントとその他詳しくはこちらで解説しています。

 

 

表情を作る

視覚情報は一瞬で決まります。

視覚・聴覚・言語情報で印象が決まるまでの秒数は違うのですが、

そのどれもが数秒で決まると言われています。

 

面接だったらドアを開けた瞬間に決まってしまうということですね。

 

アイドルと対面する前に表情を作っておくといいと思います。

 

具体的には笑顔です。

 

ニタニタした笑顔は気持ち悪いのでやめましょう。

アイドルと目が会ったらニコッと微笑むくらいがちょうど良いんじゃないでしょうか。

 

 

 

声の大きさ・話のスピードを変える

会話の中身ではなく、声の大きさやトーン、テンポなど聴覚情報も意識したいです。

 

声が大きい→元気

声が小さい→内気

 

声が低い→落ち着きがある

声が高い→軽い印象

 

などなど、

同じ内容を話していても「声」によってかなり印象が違います。

 

一度自分の声を録音して聞いてみて下さい。

そして自分が聞いても心地いい話し方を掴みましょう。

難しいですが。。。

 

声が通らない、良く聞き返されるなんて人は背筋を伸ばして姿勢を正すと改善されるかもしれません。

 

 

話す内容を意識する

言語情報での印象値は大きくはないですが、第一印象が決まるまでの最後のチャンスであり、自分の技術で左右できることが多いいところでもあります。

 

アイドルを楽しませるという意識

自分が話すことに躍起にならないようにしましょう。

 

基本的にこの意識ができていれば大丈夫かと。

 

 

数秒しか時間がない坂道・AKBなどのアイドルに

「覚えてる?」なんて聞くオタクはそれが承認欲求を満たしたい願望しかないことに気づいて欲しい。

 

地上アイドルからの認知は期待しないほうがいいですよ。

自然と覚えて貰えるまで通いましょう。

 

逆に時間の長い地下アイドルとの接触では最初に名乗った方がいいかもしれません。

 

チェキに名前を書くときに、”前も名前聞いたのに忘れてまた聞かなきゃいけない”って申し訳なくなりそうですよね。

 

話がそれました。

初接触では関係ない話でしたね。

 

とにかく、相手の立場になって話の選択をしましょう。

 

 

アイドルに喋らせる

会話の中で「変な間」ができると気まずいですよね。

みんなとにかく話を続けていくと思います。

 

その時に、

何個も別の話題を振るのではなく、1つの話題を突き詰めていって下さい。

 

話の流れで別の話題になるのはアリだと思います。

 

 

相手に喋らせることと質問の回数の関係は研究されており、

短期間で沢山質問を重ねると相手への印象が良くなることが分かっています。

 

ポイントは質問の密度感です。

短い時間の中で質問を繰り返すと「この人は自分の話に興味を持ってくれている」と感じます。

 

脈絡のない質問をぶつけるのではなく、相手の会話に沿って質問をしていくと無理のない会話になるでしょう。

 

相手の秘密を聞き出す

まあ秘密じゃなくてもいいらしいですが。

深い話ができるところまでの信頼感を得ようってことです。

 

短時間で相手の話に沿って質問を重ね、一般的には言いにくいことまで聞き出せるようにすることを目指しましょう。

 

信頼を得る→秘密を話す

秘密を話す→信頼を得る

 

このどちらも成り立つことは想像できるのではないでしょうか。

 

 

自己開示をする

上記のことをやろうとするとグイグイ行き過ぎて引かれます。

適度に自分のことを話して自己開示をしましょう。

 

そうすることでより親密になれます。

 

相手から深い話を引きだそうと思ったらまず自分が話すことを意識しておいて下さい。

 

自分のことを話す時も相手の話を遮らずに軽くふれるくらいが良いと思います。

共感するための補足っていう感じで、

「自分もこういうことあったからその気持ち凄いわかる!それで結局どうなったの?」

みたいな。

 

自分のことを話したらすぐ相手に振るようにしましょう。

 

 

難しいけど頑張ってください。笑

練習すればできるようになるはず。

 

最悪できなくても、結局印象はそんなに変わんないから問題ないっちゃない。

 

 

まとめ

アイドルとの接触を楽しむにはとにかく第一印象が大事です。

 

何人も初めましてをしたことのある人なら分かると思いますが、可愛くて接触にいっても話が最初で盛り上がらないと「なんか違った」と感じてしまいます。

 

最初に話を盛り上げましょう。

 

 

盛り上がったかどうかに話の内容はあまり関係ないです。

重要なのは「見た目」と「話し方」です。

 

押さえるポイントは

  • 服装を整える
  • 自然な笑顔を作る
  • ハキハキと話す

 

最低限これだけ意識しましょう。

 

 

困ったら取り合えず笑っておけば「なんか楽しかった」ってなるし「なんか盛り上がった」ってなります。たぶん。

 

楽しい接触ライフを送って下さい。

 

ここで書いたことは当然アイドルだけで無く、初対面の人と話す状況全てに通ずるものだと思うのでそこら辺にも活かせると良いですね。

 

そんな話でした。笑