あいきログ

大学生の話

アイドルオタクになってしまう心理を考えてみた

 

こんにちは。

どうもドルオタです。

 

乃木坂、欅坂、AKBG、地下。

いろいろなアイドルを応援してきましたが、僕は以前まで全くアイドルに興味はありませんでした。

むしろ「なんでそんなにCDを買うの?握手してなんになるの?」と否定的でもありました。

 

僕のことではありますが、アイドルに興味もなかった人がなんでハマってしまうのか、その心理を考えてみました。

 

f:id:gznsng:20171118233421p:plain

 

 

テレビで観て気になった

具体的なきっかけというのは覚えていない人がほとんどだと思います。

これは他の趣味でもいえると思います。

いつの間にか知っていて、いつの間にか深くのめりこんでいた。とかね。

 

っていうかドルオタって他の趣味と一緒だと思ってます。

 

生産性のなさと風当たりの強さが違うだけで。

 

 

僕の場合は、テレビで乃木坂46を知ったのがきっかけだと思います。

Mステで西野七瀬さんをみて、名前が気になって調べた記憶が。

その後YouTubeで色々と動画を漁っているうちにハマってしまいました。

 

当時は乃木坂46というコンテンツが好きだったのでメンバーがでている番組はほぼ追っていました。

特定の個人ではなくグループを応援する、いわゆる「箱推し」です。

 

 

「単純接触効果」というものがありますがまさにその通りで、見れば見るほど好きになっていきました。

 

 

オタ友の存在

乃木坂にハマってTwitterのアカウントを作りました。

Twitterで僕はオタ友を作って交流していたのです。

 

この友達の存在がオタクを続けている一番大きい要因になったと思います。

友達がいなければ一年もオタクしていないと思います。

 

どの趣味でも同じですよ。一人でやっても長続きしません。

 

そして趣味の合う友達って簡単に仲良くなれます。

友達がいるからイベント会場に行く、さらにプライベートでも遊ぶようになるかもしれません。

 

 

ここまでくると簡単にオタクから抜け出すのはできなくなると思います。

自分だけやめても疎外感が生まれてしまいますから。

 

 

僕が完全にそれ。

もはやアイドルに会いに行っているんだか友達に会いに行っていいるんだか。。。

 

 

直接会える

これ。会いたいと思ったら直接会いに行けます。

乃木坂だと話せて数秒ですが、

「もっと会いたい!もっと話したい!!」

ってなります。

そう言ってどんどん握手券の枚数を重ねるように。。。

 

 楽しいんですよね、単純に接触できるのが。

 直接会って応援したくなります。

 

 

ついにアイドルに認知してもらえると

「この認知…ぜってぇ切らさねぇ…」

ってなるので歯止めがききません(経験談)

 

 

応援しがいがある

まず頑張っている人は応援したくなります。

人間ってそういうものですよね。

 

地上アイドルだとそういう感覚はあんまり感じませんが、絶対にそういうところはあります。

 

アイドルという人は目に見える形で努力をしているので応援しやすいです。

 

アスリートを応援することと違うのは、距離が近いので直接声を届けることができるし、アイドルも一瞬ですがその時は自分に振り向いてくれます。

 

この"自分が応援している感覚"が承認欲求を満たしてくれるのです。

 

 

僕はドルオタの理解されないところは、これ拗らせて依存してしまうところだと思っています。

 

応援しようと思えるのは素敵なことだと思いますが、応援しすぎるあまり自分のことのように考えてしまうことがあるかもしれません。

っていうか結構あります。

 

当事者のように「どうしたらもっと良くなるか、運営の何がいけないのか」とか考えます。

 

結局頑張っているのはアイドルは他人で、僕たちは応援するだけの存在でしかないです。

応援を超えて依存してしまうと、自分の人生を他人を応援することに使ってしまうことになるので、ドルオタでない人には理解されにくいと思います。

 

もちろんアイドルはファンの存在がないと成り立たないのですけど、僕たちが応援しても努力するのアイドル本人たちです。

 

直接応援している、なんてオタクのエゴですよね。。。

なんか病んできたわ。

 

 

騒げる

ライブくっそ楽しいです。

「タイガー!ファイヤー!!」とか叫んでいるあれ、くっっっそ楽しいです。

 

ロックバンドのライブと同じです。

これ言うと一緒にすんなって言われそうですけどマジで一緒です。

アイドルのライブ会場でもサークル・モッシュは起きますし。

 

普通に楽しいのでライブを楽しみたいから行くって人も多いと思います。

 

 

まとめ!

友達がいて、ライブが楽しくてみんなで騒いで、直接アイドルに応援の声を届けることができる。

そんな環境ができればそれはとても居心地がいいですよ。

 

アイドルが頑張っている姿をみて自分も元気をもらえるし、僕らはそうやって毎日を楽しく過ごしています。

 

生涯いつまでも続けていられる趣味ではないですが、ドルオタをやっているその瞬間だけは何よりも楽しく感じてしまうのです。

 

そうやって人はドルオタになっていくという話でした。