あいきログ

大学生の話

【乃木坂46】『僕だけの君』初回生産盤の感想とアンダーライブの歴史を語る【お勧め】

 

1月10日発売、

乃木坂46の初となるアンダーアルバム『僕だけの君』を買ってきました。

 

買ったのは初回生産限定盤だけですが、特典映像の中身がめちゃくちゃ良かったです。

 

内容は今までのアンダーライブで特に印象の強かったシーンを厳選した物で、「今までのアンダーライブの歴史を振り返る」ものとなっています。

 

選抜以上に熱いアンダーライブを、この特典映像を観て体感しましょう。

ほんとにオススメです。 

 

ここでは特典映像の内容を紹介するとともに、その背景にあった「アンダーの歴史」を振り返っていきたいと思います。

 

 

 

 

『僕だけの君』

細かい事はこちらの記事にまとめてますので他のタイプも気になる人は見て下さい。

 

ここでもアルバムの概要について軽く説明しましょう。

 

アンダー曲を集めて作ったアルバムです。

初回生産限定盤初回仕様限定盤、通常盤の3種類。

特典映像が違います。

 

初回生産限定盤は過去のアンダーライブの特選集。

初回仕様限定盤はアンダー曲のMV集と卒業した万理華、ひめたんの特典映像です。

 

今回買ったのは初回生産限定盤の方ですね。

 

名前ややこしすぎ。笑

 

「初回〜」とか「限定盤」とかつけて購買意欲高めたいのでしょうか。笑笑

タイプA、タイプBとかの方がいいですよね?

 

 

アンダーライブ

知ってる人は無視してください。

 

「そもそもアンダーライブってなんぞや」って人に言うと、選抜に入れなかったメンバーによるライブってことです。

 

乃木坂46はAKB等と同じように選抜制度を採用してます。

乃木坂のメンバーは毎シングルで選抜メンバー、アンダーメンバーのどっちかに分類され、活動を行なってます。

 

そのアンダーメンバーだけで行うライブがアンダーライブです。略してアンダラなんて言いますね。

 

選抜と一緒に行う通常のライブよりオタクの練度が高くて、オタク曰く「アンダラは熱い」とかなんだとか評されます。知らんけど。

 

人気メンバーもいないので自然とライブを楽しみたい、コールを打ちたいって層が増えるんでしょう。

 

前置きはこの辺に。

 

 

 

 「The Best Selection of Under Live」

 全体的に抑えるところは抑えていると思います。

過去のアンダー曲は全部収録していますね。よきよき。

全部合わせて収録時間なんと1時間56分。

 

 

セットリスト

M0.OVERTURE

M1.狼に口笛を

      2014/04/13 楽天プレゼンツ@幕張

M2.恋の人を今でも

      2014/04/13 楽天プレゼンツ@幕張

M3.でこぴん

      2014/05/03 スペイベ@TSUTAYA O-EAST

M4.水玉模様

    2014/05/03 スペイベ@TSUTAYA O-EAST 

M5.孤独兄弟

    2014/07/12 アンダラ@ブルーシアター

M6.生まれたままで

    2014/06/28 アンダラ@ブルーシアター

M7.春のメロディー

       2014/06/28 アンダラ@ブルーシアター

M8.涙がまだ悲しみだった頃

    2014/10/19夜公演 2nd@ブルーシアター

M9.あの日僕は咄嗟に嘘をついた

    2014/12/12 2nd FINAL!@武道館

M10.ここにいる理由

  2014/12/12 2nd FINAL!@有明コロシアム

M11.君は僕と会わない方がよかったのかな

       2015/04/14 3rd@ブルーシアター

M12.別れ際、もっと好きになる

  2015/10/25夜公演 4th@AiiA theater

M13.左胸の勇気

        2015/10/25昼公演 4th @AiiA theater

M14.嫉妬の権利

        2015/12/18 アンダラ@武道館

M15.自由の彼方

  2015/12/18 アンダラ@武道館

M16.ここにいる理由(メドレー)

M17.咄嗟(メドレー)

M18.扇風機(メドレー)

M19.初恋の人を今でも(メドレー)

M20.ガールズルール(メドレー)

   2015/12/18 アンダラ@武道館

M21.君の名は希望

  2016/03/20夜公演 永島聖羅卒コン@愛知

M22.不等号

  2016/04/24 東北シリーズ@山形

M23.シークレットグラフティー

  2016/09/22 中国シリーズ@広島

M24.13日の金曜日

  2016/09/22 中国シリーズ@広島

M25.ブランコ

  2016/12/07 クリライアンダー単独@武道館

M26.咄嗟(乃木團)

M27.生まれたままで(乃木團)

M28.狼に口笛を(乃木團)

M29.涙頃(乃木團)

  2016/12/09 クリライアンダー単独@武道館

M30.風船は生きている

  2017/04/20 関東シリーズ@東京

M31.My rule

  2017/10/18 九州シリーズ@福岡

M32.アンダー

  2017/10/18 九州シリーズ@福岡

  

 

 

M0.OVERTURE

ライブの定番ですね。

定番曲っていうもんなのかな。違えか。

 

これがあると始まるぞーって感じでテンション上がりますよね。

最近乃木フェスのやりすぎで聞き飽きたみたいなとこはある。

 

 

M1.狼に口笛を

2014/04/13 楽天プレゼンツ@幕張

最初に行ったアンダーライブ。

8thシングル『気づいたら片想い』の頃の話です。

 

全国握手会の後に無料で行ったものですが、

人がめちゃくちゃ少ない。。。

 

今では考えられないくらいですね。

 

 でも無料とはいえライブに参戦するにはハードルがありました。

 

当時、乃木坂は楽天とコラボして様々な企画を行なっていました。まいやんの始球式もその一つです。 

 

ライブに参加できる条件は

  1. 楽天カードに新規で登録すること。
  2. 既に会員の人は10,000円以上楽天カードで利用すること。

新規登録、あるいは購入が確認できるものを手に入れてようやく参戦できるのです。

 

更に全握の後なのでライブの開演時間は19:00。

当時はほとんど学生だったらしいですから、楽天カードを作れて、夜遅くまで遊んでいられる人は少なかったかもしれません。

 

ライブの様子は公式HPの「乃木ここ」から見れます。

 

万理華さんかわいい。

  

MCのところも収録されてました。

泣きそうになってるみさ先輩の背中をさすってる飛鳥ちゃんかわいい。

 

 

 M3.でこぴん

2014/05/03

スペイベ@渋谷TSUTAYA O-EAST

第2弾です。

 

8th『気づいたら片想い』の全握券を3枚一口で応募することができました。

ちなみに同じ枚数でお茶会に応募できます。僕ならライブに使うと思いますが。

 

会場が埋まらなかったので2次募集をかけたそうです。

 

この公演のもう一つの特徴はユニット曲をアンダーメンバーのみ行うということです。

 

反響が大きく、以降のライブでもおなじみとなりました。

でこぴんは飛鳥、星野、川後、ゆったん、畠中の5人。

 

 

派手な演出がない代わりに工夫を凝らしてライブを作ったんですね。

むちゃくちゃかわいい。

 

 

M4.水玉模様

2014/05/03

スペイベ@渋谷TSUTAYA O-EAST

同じくO-ESTでのライブ。

 

生駒ちゃんのソロ曲である『水玉模様』。

16歳の頃の気持ちを歌った曲ですが、これを21歳のみさ先輩が歌います。

 

まさかあの『ビー玉模様』を見られるとは。。。

メンバーからのヤジも語りのところも含めて全部面白いです笑笑。激アツ。

 

 

M5.孤独兄弟

2014/07/12

アンダラ1st@ブルーシアター

単独ライブで有料チケット制に。

9th『夏のFree &easy』の期間で、座長は伊藤万理華が務めました。

 

この曲は伊藤万理華と伊藤寧々の"伊藤ちゃんず"による『伊藤兄弟』です。

 

この時伊藤寧々は体調が悪く声も出ない状態だったらしい。

あまり顔に出てませんが。すごい。

 

それにしても盛り上がりが凄いですね。

オールスタンディング、小さい箱、全曲生歌だったので当然といえばそうなんですが。

 

むしろ地蔵の方が浮いていたらしいです。

 

 

 

 M8.涙がまだ悲しみだった頃

2014/10/19 夜公演

アンダラ2nd@ブルーシアター

 

アンダーライブで最も熱い「2ndシーズン」です。

 

10th『何度目の青空か?』の期間。

1stシーズンの反響を受けたのか、公演数が18とめちゃくちゃですね笑笑。

座長は井上小百合でした。

 

この頃の乃木坂は松村沙友理が文春砲をくらって世間からの風当たりが強かったらしいです。

それに加え、10/15に畠中、大和もスキャンダルが発覚しました。

 

さらに翌日は初めてメンバーが全員揃ったということもあり、10/16は異様な空気だったそうで。

 

結果は千秋楽でもないのにダブルアンコールが起こったことで察せますが、めちゃくちゃ熱かったんでしょうね。

 

今までで1番盛り上がったライブという声も少なくないです。

 

この頃のライブに行きたかった。。。笑

 

夜公演と書いてありますがこれはその後の「スペシャル公演」のものだと思います。

 

伊藤寧々はこの公演を最後に卒業しました。

 

メンバーが涙ぐむ姿が印象的ですが、ちらっと見えるオレンジとピンクのサイリウムにも注目です。

 

それにしても「2ndシーズン」もの凄いですね。。

 

 

M9.あの日僕は咄嗟に嘘をついた

2014/12/12

アンダラ2nd FINAL!@有明コロシアム

 

2ndシーズンのファイナルとして追加公演が行われました。

 

映像を見てもらえれば分かると思いますが、

イントロからのコールの圧量がやばい笑。

 

 

続けて流れるM10.『 ここにいる理由』とセットになってます。

2ndシーズンを締めくくる、1つの集大成と捉えても良いかもしれません。

 

このアンダーアルバムで1番大きい山場だと思います。

 

 

M11.君は僕と会わない方がよかったのかな

2015/04/14

アンダラ3rd@ブルーシアター

 

アンダラ第三弾です。

会場は同じくブルーシアターで、この箱だとチケットはもうプラチナ化していました。

 

 

メンバーめちゃくちゃ汗だくです。

 

それもそのはず、この公演では新しい試みとしてノンストップを打ち出していました。

パフォーマンス重視をより全面に押し出した形ですね。

 

 

M13. 左胸の勇気

2015/10/25

アンダラ4th@AiiA theater

 

堀未央奈さんが「4thシーズン」で初登場。

新鮮ですね。

 

曲前の煽りが意味わかんなすぎて笑ったwwwwwww

この曲すこ。

 

 

M16~20. アンコールメドレー

2015/12/18

アンダラ@武道館

 

ついに武道館です。

アンコール後のVTRも収録してくれました。

 

なんかV見てるだけで泣きそう。

 

その後歴代のアンダーメンバーがサプライズで登場します。

『ここにいる理由』伊藤万理華

『咄嗟』井上小百合

『扇風機』齋藤飛鳥

『初恋の人を今でも』星野みなみ

『ガールズルール』衛藤美彩

飛鳥ちゃん泣いてる。可愛い。

てゆうかオタクどちゃくそ楽しそうですね。

 

 

M21.君の名は希望

2016/03/20

アンダラ全ツ~永島聖羅卒コン~@愛知

 

2016年からアンダーライブの規模はまた大きくなり、全国ツアーを行うまでになります。

 

その皮切りとして、

永島聖羅の卒コンが行われました。

 

この公演は行けなかったのですが、その前に46時間TVで同じように『君の名は希望』を披露したのを見てめちゃくちゃ泣いたのを覚えてます。

 

 

そしてこれを見てまた泣いてしまった。。。

 

黄色いサイリウムが綺麗ですね。

これはずっと見たいと思っていたので収録されていて良かった。

 

 

M26~29.乃木團メドレー

2016/12/09

クリライアンダー単独公演@武道

 

恒例となった乃木坂のMerryChristmasライブ。

選抜とアンダーが交互で4日間公演を行います。

 

僕もこの公演には行くことが出来ました。

なつかし~。

 

この日は乃木團がサプライズで登場。

 

乃木團というのはメンバーだけで構成されたバンドです。

永島聖羅と深川麻衣卒業で解散という扱いになってましたが復活しましたね。

 

飛鳥のドラム上手すぎわろた。かわいい。

 

 

M30.風船は生きている

2017/04/20

アンダラ全ツ関東シリーズ@東京体育館

 

去年から行われている全国シリーズの東京公演です。

 

17th『インフルエンサー』の期間で橋本奈々未の卒業、中元日芽香の活動休止、過去最多の21人選抜の影響もあり、

アンダーメンバーが史上最小人数の12人に。

 

 

比較的人気のあった井上小百合や伊藤万理華などがみんな選抜へ行ったので史上最弱なんて言われていました。

 

実際は千秋楽でトリプルアンコールを起こすほどの盛り上がりを見せたので、

「人数が少ない=弱い」なんてことはなかったのですが。。。

 

僕も千秋楽に参戦しましたがトリアンのガルルは曲が聞こえないほどコールが大きかったです。まじで震えました。

 

2ndシリーズの時もそうでしたが、ドラマやストーリーがあるほど熱くなりますね。

 

曲は初日の1曲目です。

泣いてるみり愛ちゃんかわいい。

 

 

 

M32.アンダー

2017/10/18

アンダラ全ツ九州シリーズ@福岡

 

最後は九州シリーズです。

 

18thアンダー曲『アンダー』のWセンターの1人北野日奈子が、夏からずっと体調不良で公演を休んだり、出ても鬱々として元気がなく、不安定な状態が続いていました。

 

九州シリーズではこの公演で初めて復活します。

 

そしてこの日、『アンダー』のもう1人のセンターである中元日芽香が体調を崩し、公演を休んでいましたが、『アンダー』披露時に復活。

 

初めてセンター2人が揃っての披露となりました。

 

曲の最初に2人が抱き合っているのが印象的ですね。 

 

この曲歌詞のせいで僕は嫌いなんですが、このアルバムの最後に持ってくるのにはぴったりだと思います。

ま、嫌いなんですが。

 

 

 

 まとめ

むちゃくちゃ良かったです。

6000円払った価値がありました。。。

 

東京体育館の『ガルル』も見たかったけど『風船』は外せないしまあ仕方ないかな。

 

あ、あと佐々木琴子さんの『無表情』も見たかった笑笑。

 

2時間もずっと見てると疲れますね。

 

乃木オタならぜひ観ておきたい一枚かなと思います。

 

そんな話でした。