あいきログ

大学生の話

20歳から学ぶ国民年金・厚生年金の話

 

 

僕は現在大学生ですが、20歳の誕生日を迎えましたので国民年金に加入する義務が生じました。

といっても全然そのシステムについて知らないのです。

 

そういう訳にもいかない歳なので勉強してまとめてみました。

 f:id:gznsng:20171223203057p:image

 

 

そもそも国民年金って何?

ずばり社会保険のひとつです。

社会保険とは、もしもの事があった時、みんなで支え合う仕組み(保険)を国が行うものです。

 

社会保険(公的年金、公的医療保険、雇用保険など)

公的年金(国民年金、厚生年金)

国民年金

と分類されます。

 

具体的な仕組みですが、

保険料を支払うのは20〜60歳の大人です。

もしもの時というのが、退職後の年金、障害を負った時、扶養者(養ってくれる人)が亡くなった時です。

年金といえば老後に貰えるというイメージばかりですが、障害、病気になって働くことが出来なくなった場合にも貰えるんですね。

こちらの場合は65歳以上の退職後でなくても貰えます。 

 

 

 義務なの?

20歳になると国民年金に加入するための「国民年金被保険者資格取得届書」が自宅に届きます。自分から申請しなきゃいけないんで、

「あれ、年金受け取れなくて良いいんだったら、このまま何もしなくてもいいんじゃね?そしたら保険料払わなくていんじゃね??」ってなりますよね。

しかし義務なので、未加入だから支払わなくていいという状況はあり得ません。

 

加入届けがなくても自動的に加入扱いになり、保険料を払わなければ「未納」状態になります。最悪差し押さえになるらしい。怖。

 

払えない場合は?

とはいっても保険料は毎月16,490円(平成29年度時点)も払わなくてはいけません。学生にはきついですよね。

学生であったり、収入が少ないときは申請すれば支払いが猶予されることがあります。

「学生納付特例制度」は利用している方も多いんじゃないでしょうか。

 

また、支払えない、支払わなかった保険料も10年以内なら「追納」できます。

 

 

メリットは?

老齢年金

普通になんの波乱もなく生きていれば貰えるのは老齢年金のみです。

だから年金といえば老後に備えるってイメージが強いんですかね、まあ実際その通りなんですけど。

一定期間保険料を納めれば65歳以降は死ぬまで貰えます。

保険料は毎月16,490円(平成29年度時点)で、20歳~60歳の40年間(480ヶ月)払うと約790,000円です。 

どのくらい貰えるのかは毎年の経済状況で変わりますが、だいたい月額でいうと満額で65,000円です。

 

満額というのは40年間きっちり支払った場合です。

というのも老齢年金は最低10年間(120ヶ月)保険料を支払えば受けとれるのです。(平成29年度時点)

 支払った保険料に見合った額になります。

ちなみに10年だけ支払うと月額で16,000円くらいです。

 

 

 

すっくねwwww

長生きすればするほどお得なんですけど。

 

少ない?

国民年金だけだと老齢年金は少ないんですね。

でも年金にはもう1種類あります。

 

f:id:gznsng:20180314002226p:plain

 

厚生年金

会社で雇われて働いている人が納める保険料です。

 

社会保険(公的年金、公的医療保険、雇用保険など)

公的年金(国民年金、厚生年金)

厚生年金

と分類されるもう1種類の年金です。

 

こちらは20歳からではなく、就職したときに会社が加入してくれます。

 

大学生が卒業後、22歳で就職すると、

20歳~就職:国民年金

就職~  :厚生年金

 

大学へ行かずに、18歳から働いている場合

就職時点~:厚生年金

となります。

 

 

国民年金と同時に支払う?

厚生年金に加入すると、国民年金も同時に加入していることになりますが、国民年金の支払いは免除されます。

国民年金→厚生年金に、あるいは退職して厚生年金→国民年金に切り替えるときは手続きが必要になります。おそらく会社側がやってくれるはずです。

二重に支払うことはほぼないでしょう。

 

パート・アルバイトは?

厚生年金に加入できるかは一定以上稼いでいるかどうかです。

雇用形態での違いはありません。

バイトしてる学生は親の控除を外れないように調整して働いているなら支払いは生じません。

 

いくら貰えるの?

厚生年金は毎月の給与によって違いますが、給料から天引きされます。

納めた税金によって貰える額は違いますが、平均してだいたい月150,000円です。

 

 

国民年金と合わせると、真面目に生きてれば21~22万は貰えるんですね。

 

 

 まとめ

公的年金

国民年金、厚生年金の2種類ある。

20~60歳まで毎月、一定の保険料を支払う義務がある。

65歳になると、「老齢年金」を貰える。

障害、病気になった場合も、国民年金から「障害年金」を貰える。

亡くなった場合は、「遺族年金」として家族に支給される。

国民年金

 20~60歳の学生、フリーター、自営業などの会社員以外が対象。

条件を満たすと、65歳以降に一月あたり約60,000円貰える。

厚生年金

会社員、公務員が対象。

条件を満たすと、65歳以降に一月あたり約150,000円貰える。

 

 

まとめたまとめ

疲れたんごねぇ。

細かいとこだいぶぶった切ってるわ。わはは。

年金について調べようと思っても完全に理解するのなかなかしんどい。たぶん他の社会保険制度とか理解しないとダメなとこもあるだろうし。

ね。